TOPS
プロジェクト


Ultra-Android(METI)


<目的・事業概要>

Ultra-Androidとは、Google社のオープン・プラットフォームであるAndroidのマルチコア対応版です。


トプスシステムズ社は、経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業として採択された「Ultra-Android:マルチコア対応組込みソフトウェア・プラットフォームの研究開発」を、(独)産業技術総合研究所 情報技術研究部門と共同で行ってきました。


スマートフォンや携帯電話をはじめ、日本企業の得意とする様々な組込みシステム(デジカメ、デジタルフォトフレーム、ビデオカメラ、カーナビ、デジタル・テレビなど)を「Ultra-Android」ソフトウェア・プラットフォームで実現することにより、開発コストを低減しつつ、大幅な高性能化、低消費電力化、およびリアルタイム化(応答時間の短縮)が可能になります。


本プロジェクトは、「Ultra-Android」をトプスシステムズ社の開発するAndroid向けTOPSTREAM™ヘテロジニアス・マルチコア上で動作させることで、現状のAndroid(Android Dev Phone)と比較して、次のような性能向上を目標としています。
 1.10倍以上の高速処理(アプリの処理に掛かる時間が1/10 以下)
 2.1/10以下の消費電力(アプリの処理に必要な電力が1/10 以下)
 3.1ms単位のハードリアルタイム処理を実現(キー入力等に対する応答時間の短縮)






ホーム | トプスシステムズ社について | 技術概要 | 製品 | 応用領域 | プロジェクト | サービス | 採用情報 | お問い合わせ | ET 2013 | スペシャル

© Copyright 2003 - 2017 TOPS Systems Corporation