English

TOPS
製品
SMYLEvideo Platform
TOPSTREAM™ Platform
TOPSTREAM™ MPEG-4
TOPSTREAM™ WLAN
TOPSTREAM™ Bus
TS-SLD
CWSS
VisualSim
Android on VisualSim
FAQ


TS-SLD


RTLからCへの自動変換ツール

TS-SLDは、TOPS Libを使用して記述したRTLを完全にサイクル・アキュレイトなC言語記述に自動変換するソフトウェアです。変換されたC言語記述のモジュールの静的なスケジューリングにより、高速なサイクル・ベース・シミュレータを構成できます。


TS-SLDの特長
  • RTLからC言語記述への自動変換(サイクル精度:100%)
  • 高速シミュレーション

背景

プロセッサを含む所謂SoCの開発は、その開発過程において、動作モデル(Behavior Model)、RTLモデル、ゲート・モデル(Gate Model)、物理モデル(Physical Model)の4つの段階があります。



従来の開発手法では、プロセッサを含むSoCの動作モデルをC言語等の高級言語で記述し、アーキテクチャの検証を行った後に、LSIとして実装するためにVHDLやVerilogといったハードウエア記述言語でRTLモデルを記述します。通常、ターゲットとなるLSIのより詳細なモデルを記述するというRTLモデルの段階で修正が入るため、初期の動作モデルとRTLモデルが一致しなくなるという問題が生じます。
理想的には、動作モデルとRTLを完全に一致させる必要があります。


トプスシステムズ社では、C言語記述による動作モデルで得られるシミュレーション速度をRTLモデルで実現することにより、こうした問題を解決するソリューションを提供しています。


またTS-SLDでは、ソフトウエアモデルの特長を生かし、システムレベルでのHW/SW協調検証を可能にしています。これに対し、従来のハードウエア・エミュレータによる手法は、高価で高速ですが、ハードウエアだけをターゲットとしており、またRTLではLSIのみの検証が精一杯です。



アプリケーション

TS-SLDには幾つかの適用方法があります。次の図はその一例で、LSI全体がTS-SLDを使用してCモデルに変換された場合です。



システム環境の中にRTLモデルとCモデルが共存する場合は、RTLシミュレータのCモデルインターフェイス(PLIやFLI)を使用してRTLモデルとCモデルの協調シミュレーションを行います。



また、システム内に非同期モデルが存在する場合、TS-SLDは非同期のモデルをサポートしていませんが、上記のRTLとCモデルの協調シミュレーションのメカニズムを使用して、システム全体のシミュレーションを行うことができます。







ホーム | トプスシステムズ社について | 技術概要 | 製品 | 応用領域 | プロジェクト | サービス | 採用情報 | お問い合わせ | ET 2013 | スペシャル

© Copyright 2003 - 2017 TOPS Systems Corporation