English

TOPS
サービス
マルチコア・プロセッサ開発
マルチコア技術トレーニング
マイクロプロセッサの研究開発
マイクロプロセッサ技術コンサルティング
機能検証技術コンサルティング
コンパイラ技術コンサルティング
ソフトウェア性能チューニング
ソフトウェア消費電力チューニング


ソフトウェア性能チューニング


電子機器に搭載する組込みソフトウェアは、規模の増加が著しく、携帯電話や車載システムにおいて1,000万行に到達すると言われています。そのような大規模組込みソフトウェアの開発現場では、開発期間最優先で作っているため、高速化のチューニングを充分に行えていない場合があります。例えば、携帯電話では高速な処理が必要なところは、CPUの動作周波数を上げることで対処している場合があります。


一般に、ソフトウェアの最適化は、開発工程の最後の余った時間に行うこと傾向にありますが、できあがった後では、性能改善の余地が少なく、またパッチ当ては、最適化のテクニックとしてあまり良くありません。


ソフトウェア性能チューニングは、早めに対処する程、その改善効果が大きいといえます。理想的な高速化の手法としては、性能を機能と同様に仕様の一部として扱い、開発開始時から、設計項目やテスト項目に加えるべきです。


トプスシステムズ社は、マイクロプロセッサの開発経験だけでなく、高性能ライブラリやコンパイラの開発経験に基づいて、対象とするソフトウェアを動作させるCPUの動作の詳細分析に基づいて、ソフトウェアの性能をチューニングするサービスを提供しています。



詳細は、弊社営業(sales@topscom.co.jp)までお問い合わせください。





ホーム | トプスシステムズ社について | 技術概要 | 製品 | 応用領域 | プロジェクト | サービス | 採用情報 | お問い合わせ | ET 2013 | スペシャル

© Copyright 2003 - 2017 TOPS Systems Corporation